J:COMチャンネル 地デジ11ch 毎週土曜日11:00~11:54放送 東京生テレビ

  • 2017.06.03放送 #160 [府中市] 府中基地60周年記念オープンフェスタ

    2017.06.03放送 #160 「府中市」                    
    「航空自衛隊府中基地60周年記念オープンフェスタ」
     6月3日の放送は、府中市にあります航空自衛隊府中基地で開催された
    「航空自衛隊府中基地60周年記念オープンフェスタ」から生中継をお届けしました。
    かつては旧日本軍施設があった場所なのですが、第二次世界大戦後は、米軍の基地として使用されていました。60年前に日本に返還されて、その後は航空自衛隊の基地として利用されています。
    今回のオープンフェスタでは、基地の歴史と伝統、また昨今の自衛隊の活動及び  能力等を広く、地域住民や周辺市町村などへの理解と紹介を兼ねた広報活動の一環として開催されました。
    この日は、午前9時からオープニング式典が開催され、基地上空を航空自衛隊が誇る最新鋭機が「展示飛行」を行いました。
    そして9時から15時の開催中に、およそ1万人以上の来場者が訪れたそうです。
    番組オープニングは、府中基地入口から開始、そして基地内へ移動。
    航空自衛隊がかつて誇った名機・三菱F-1、F-104のジェット戦闘機が展示されている前で、本日基地内を案内して頂く航空自衛隊府中基地・航空気象群本部監理部
    坂本康之さんと合流。早速今回の「60周年記念オープンフェスタ」の概要や、
    府中基地の歴史概要などを説明して頂きながら、会場を案内してもらいました。
    中継日は、朝から好天に恵まれて、会場は多くの来場者でにぎわい、熱い熱気に包まれていました。

    出演者:杉浦太陽 アシスタント:佐藤さくら / 23区ガールズ 

  • 太陽さんやスタッフを府中基地の「ラッパ隊」の皆さんが「ファンファーレ」を
    演奏して華々しく迎えてくれました。これぞ自衛隊と言う感じです。
    またこちらのエリアには「高射部隊」の展示解説が行われており、
    「ペトリオットミサイル」の迫力ある姿をまじかで見ることが出来ました。
    更に府中基地の主要施設を誇る移動気象班による「移動気象システム」の展示も
    行われていました。
    「ドップラーレーダ装置」による雲の画像解説も行われました。
    生中継では、普段は一般開放を行っていない府中基地内に入場でき、       府中基地の様々な施設や、自衛隊の最新鋭機見学など様々な、体験が行われました。

  • 更に、自治体PRエリアでは、府中市、府中市観光協会、府中消防署、府中警察署などが展示ブースを設置。
    各自治体のマスコットキャラクターが大集合しました。
    そして、この日は9時から開催された「オープニングセレモニー」内で、
    「航空中央音楽隊」による華々しい演奏や、「防衛大学校ドリル」も観る事が
    出来ました。「防衛大学校ドリル」は、太鼓の演奏に合わせて、
    規則正しく乱れる事のない行進や、銃を華麗に操る演技が繰り広げられました。
    更に最大の見所として、航空自衛隊の最新鋭機、OH-6(観測ヘリコプター)、
    ブルーインパルスにも使われているT-4(中等訓練機)、U-4(小型輸送機)、C-2(純国産の輸送機)の4機種が、府中基地上空およそ600メートルを颯爽と「展示飛行」を行いました。
    来場している観客は、最新鋭機の雄姿に驚きの喚声と大きな拍手を送っていました。そして基地内にある「府中クラブ」大ホールに移動。
    この「府中クラブ」は、米軍が府中基地を使用していた時に、ダンスホールなどとして使用していた、アメリカンチックな趣のある歴史ある建物です。
    大ホールでは、「航空自衛隊音楽隊」によるコンサートや、航空自衛隊入間基地の
    有志で活動している和太鼓部「修武太鼓」の迫力のある演奏などが行われました。
    大ホール内は、多くの観客かせおとずれホールに入れない人々で、あふれかえっていました。
    この日1日訪れた来場者は、なかなか入ることが出来ない、府中基地の最新鋭機や展示室、自衛隊の記念グッズなどを購入して、府中基地の総てや、盛りだくさんの企画イベントを楽しみながら、「府中基地60周年記念オープンフェスタ」を満喫していました。

  • ベストどローカル

    この日の「"ど"ローカル」は、自衛隊が誇る最新鋭の高射砲部隊の「ペトリオットミサイル・システム」。太陽さんもこのシステムがある事で「平和」のありがたみが良くわかる事と、使われる事が無い事が一番だと話していました。

これまでの放送

2016年の放送を見る
2015年の放送を見る

J:COMチャンネルとは?

全国のJ:COM エリアで視聴可能の無料チャンネルです。お住まいの地域に密着した、様々な地域情報番組をお楽しみいただけます。J:COM対応物件にお住まいの方ならどなたでも無料でご覧いただけます。

全国のJ:COM チャンネルを地デジ11ch(下関エリアのみ12ch) に合わせてご覧ください。

J:COMのサービスエリア内にお住まいで、J:COMチャンネルをご覧になれない方は、サービスのお申し込みが必要です。

  • 未加入のお客さま 新規お申し込み
    • 資料請求
    • 料金シミュレーション
  • ご加入のお客さま サービス・オプション追加